【イベント】

芦生研究林100周年記念写真展

「未来へつなぐ森の息吹」

「芦生の森」として知られる京都大学芦生研究林は、京都丹波高原国定公園の第一種・第二種特別地域の大部分を占める特別な場所です。
近畿地方で有数の原生的な自然が残り、多様な生き物の宝庫でもあり、大学教育や研究の場として、またハイキングやガイドツアーを介して旅行者が自然に親しむ場として活用されてきました。

この企画展は2021年4月に100周年を迎えた芦生研究林を記念して、写真家の広瀬慎也氏や芦生研究林の技術職員岸本泰典氏などの写真を展示し、京都丹波高原国定公園のさらなる魅力を紹介します!
さらに、芦生研究林の石原正恵林長による講演会とVRによる芦生の森のバーチャル体験を開催します。

おすすめポイント
✔️ 四季折々の芦生の森の写真を展示
✔️普段入ることができ冬の芦生の森の写真も展示
✔️予約無しで、当日自由に閲覧可能
 
  •  

  •  

  •  

開催期間

2021年7月22日(木)9時から8月18日(水)12時まで
 

1日限定【 VR体験 】

日 時:2021年8月12日(木)10時30分~15時30分
場 所:京都丹波高原国定公園ビジターセンター1階 企画展示コーナー
内 容:普段は入ることのできない植生保護柵の中や、大カツラの樹上(予定)をVRゴーグルで体験しよう!
 

問い合わせ先

京都丹波高原国定公園ビジターセンター
TEL 0771-75-9020 (9:00-17:00)
kyoto.tamba.kougen.vc@gmail.com
 

注意事項

新型コロナウイルス感染症対策のため、館内でのマスク着用、入館時の手指消毒、38度以上の発熱時の来場辞退へのご協力をお願いします。
御入室の際、簡単な検温をさせていただく場合がございます。