【観光】

美山民俗資料館

【重要】営業日について

2021年4月23日に京都府を含む4都府県に発出された緊急事態宣言を受け、当施設は以下のような営業状況となっております。
土日のみ開館、平日休館

新型コロナウイルス感染症拡大の影響による、美山町内店舗の営業情報は下記よりご確認ください。

美山民俗資料館

かやぶきの里の中に位置する美山民俗資料館ではかやぶき屋根の裏側や美山の暮らしに関する展示をご覧いただけます。
かやぶきの里「北」が、重要伝統的建造物群保存地区に選定を受けた時に、この地にあった200年ほど前の中層農家の形態をよく残していた「伊助」と言う屋号の建物を移し、当時の姿を残したまま資料館として平成5年に開館し、一度消失しましたが、二年後に再建されました。

館内では地元のおばあちゃんたちが昔の暮らしをお話ししてくれます。
美山の薬草茶も提供されており、これ飲むと美人になるのだとか。
縁側でゆっくりとかやぶきの景色を眺められる場所もあるこの資料館はかやぶきの里に来たら外せないマストスポットです。

営業時間/お問合せ先

美山民俗資料館の運営は「かやぶきの里保存会」がおこなっております。
お問い合わせは保存会までお願いします。 
TEL/FAX 0771-77-0587

営業時間(季節により異なります。)
12月~3月 10:00~16:00  4月~11月 9:00~17:00
休館日 年末年始(12月~3月は月曜休館)※コロナ対策のため当面の間は月曜日休館
入館料 大人300円  小・中学生 無料